咲バーバのつぶやき

日常で心に残った言葉や話し、自分の思いを書いてみました

「うつの症状」は、これ以上自分自身を追いこまないで!のサイン。

友人からラインが来た「旦那がうつ状態で、仕事辞めそう」と、話しているうちに泣き出す。彼女も相当まいっている。 彼女の夫は50歳の働き盛りだ。2月ごろから、笑う表情が物悲しそうで、何かにつけ、疲れる、やる気がしないという言葉が出ると話す。また、…

連休明けたら五月病⁈にならないために!

ウクライナの人達、各国の避難民の人達、一向に終息を見ない新型コロナウイルス、いつ起こるとも解らない地震など、先の見えない不安で安心して眠る事が出来ない人達のなんと多い事! ゴールデンウイーク中に、高野山に行く予定を組んでいるのですが、素直に…

気持ち悪っ、赤い小っちゃな虫が廊下にいた!

廊下で小梅(チワワ)が何かを見て吠えているので、「ハエトリグモかな」と行ってみると、1ミリぐらいの赤い蜘蛛の子みたいな虫がいた。急いでコロコロで押さえると、赤色の液みたいなものが出て潰れた。(余談ですが私、「ハエトリグモ」可愛くて好きなん…

ご注意!春の草むらにはダニが潜んでいるよ。

猫の額の庭をあっという間に占領してしまう野草。少しだからと、手袋をせずに素手で抜いていたら、5分も経たないうちに手の甲に痒みを感じ、プツプツと赤い発疹が出た。2年前、何の虫に刺されたのか解からないが指先から腕にかけて強い痒みと湿疹で皮膚科…

君は絶対悪くない!「いじめる側が100%悪い」!!

愛犬と散歩中、桜咲く校門前で、にこやかに写真を撮っている何組かの親御さんとそのお子さんを見かけました。今日は小学校の入学式です。思わず「おめでとう御座います。」と言って通り過ぎました。また、祀られているお地蔵様に、子供たちが「いじめ」のタ…

シカトされたら友達が見つかった!

マリコは、いつも冗談を言っては周りを笑わせていたが、次第に、自分の事を美化し、他人の気にしている容姿や動作をからかいふざける事が多くなっていた。 授業で学校周辺の絵地図を作るため5~6人ずつの班にわかれ、担当となった地区を廻っていた時である…

産んでくれて有難う❣

LINEでハートのスタンプと一緒に次の言葉が届いた。 「メールありがとう。そして、産んでくれて有難う!」 娘の誕生日に送ったメールの返信だ。 その言葉に心を熱くしながらメールを返す。 「こちらこそ有難う。お母さんを選んで生まれてきてくれて有難う。…

大欠伸(あくび)をしたら顎が閉まらない⁈

強烈な睡魔に襲われ、思いっきり欠神(あくび)をした。顎が「ゴキッ」鳴った。「痛ーい!」やってしまったか! 以前、固めのグミキャンデーにハマって、口いっぱい入れ嚙むのを楽しんでいた。何日かして厚みのある固い物を食べる時、両顎関節あたりに、カク…

絶対的指導者の正義には惨い紛争の悪が潜んでいる!

「ある俳優が言ったセリフがとても気に入っている。『自国が戦争中は悪く言ってはいけない。兵士が悪者になってしまう。』続けて「私はロシア国民だ。欧米メディアはどうでもいい。ナチスに殺された大祖国戦争の記憶はまだ新しい。私達はロシアを愛し、誇り…

地震列島に生きる私達!

3/16午後11時36分、福島県沖を震源とする地震があり、宮城、福島両県で最大震度6強(M7.4)を観測。新幹線の脱線、首都圏を含む広範囲な停電の発生。建物やインフラの被害が時間を追ってテレビ画面に映し出される。昨年2/13にも福島沖で(M7.3)の地…

もはやロシア軍の侵攻・砲撃を止められないのか!

せ今、私たちは主権国家ウクライナに、大国ロシアが軍事侵攻し多くの犠牲を強いる、信じ難い光景をメディアから目にしている。この大国ロシアを20年にわたって率いてきた絶対的指導者プーチン大統領はさらに、兵力を投入し、明日にでもキエフに侵攻する構え…

戦争を止めるためのSNSを!

戦争が勃発すると、当事国はテレビ局を占拠、また海外メディアを締め出し、自国にとって都合の悪い情報を遮断する。 ところがロシア軍のウクライナ侵攻の激しさは、一般市民によるSNSを利用して情報が発信され、侵攻の「可視化」が行われ我々は情報を知りえ…

ウクライナを「対岸の火事」と考えてはならない!

新聞やインターネット報道等から、ロシアがウクライナのザポリージャ原子力発電所を砲撃したことを知る。 このことを受け、国連安保理事会緊急会合で、ロシアのネベンジャ大使は、「攻撃はウクライナに非がある」と正当化を述べ、ウクライナ大使のキスリツァ…

あなた、姑息(こそく)の使い方間違っていませんか⁈

言葉の違い 「姑息(こそく)」の言葉を、「卑怯(ひきょう」の意味で使っていませんか? これ間違い!本来の意味は、「一時しのぎ」という意味と国語辞典に記載されており、「一時の間に合わせとして行うこと」やその様子の事を表しています。 しかし、多く…

反戦のうねりを消すな‼

ロシアによるウクライナ軍事侵攻をめぐり、両国代表団が28日、直接協議をしたと報道されているが、見通し不明のままである。 ロシアは、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や原子力潜水艦及び、戦略爆撃機をもっての臨戦態勢を敷き今も、ウクライナ国民やウクライナ…