咲バーバのつぶやき

日常で心に残った言葉や話し、自分の思いを書いてみました

気をつけて!無償の供与には企みが潜んでいるかも?

暦では、立秋に入っていますが、大暑で蒸し暑く冷房もつけっぱなし。

体の不調を感じる日には、熱中症やコロナウイルス感染に罹ってしまったのではと、不安を抱いてしまう。

●さて、予想はしていたがこのお盆明け、いきなりコロナウイルス感染者も26万人と最多となり、医療現場はこれまで以上にひっ迫している。

重傷者の増加で対応できる病院は満床となり、入院を要する患者を、病院への搬入ができず、介護施設や自宅で命を落とす人が増えているという悲惨な状況にある。

さらに、コロナウイルス感染、濃厚接触者の急増で、外食チェーンや大手カフェ、コンビニエンスストアー、製造業の生産工場においても、休業せざる得ないという悪影響も出ているという。

●また、今月3日から降った記録的な大雨は、各地に甚大な被害をもたらした。

この自然災害に泣くに泣けない状況に在る人達の救済は急を要する。

一向に紛争の終わりが見えないウクライナ紛争。今も多くの命が犠牲となっている。

それどころか、ロシアは、原発の爆破を示唆するかのように、ザポリージャ原発やその周辺の攻撃は続いており、いまや核爆発がいつ引き起こされてもおかしくない恐ろしい状況下にある。

このウクライナ紛争を止めるための平和外交は進んでいるのだろうか。

また日本国内においては、ウクライナ侵攻による資源高で、エネルギー関連や食料など幅広い商品の値上がりが続いているが、ロシア側が設立した運営会社からLNG(液化天然ガス)の供給を受けることで、さらなる値上げの可能性があると懸念されている。

この生活を圧迫する資源高を回避する政策はあるのだろうか。

被害が後を絶たない不特定多数の者から現金等をだまし取る犯罪特殊欺。(仮想通貨 ・詐欺はがき ・封書による架空請求 ・情報商材、副業詐欺 ・オレオレ詐欺 ・還付金詐欺 ・融資保険金詐欺 ・ワンクリック詐欺 ・結婚詐欺 ・フィッシング詐欺 ・詐欺アプリ ・チケット詐欺 ・オークション詐欺 ・原野商法など)

これら犯罪の被害を防ぐための対応策も講じ実践しなければならない。

 

国内外に解決しなければならない課題が山積み状態で差し迫っている日本。

岸田総理の政治手腕が問われる今だが、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と自民党議員の関係を取り上げられ、関係した閣僚らのもっともらしい言い訳を聞くたび、新内閣に持った期待感が崩れていく。

今、マスメディが注目している事柄だけに、議員と教団との関係が次々と曝されていくだろう。

その時のために議員たちは、いったいどんな言い訳を用意しているのだろう?